結婚相談所の比較、結婚式についてのあれこれ、結婚に関する疑問にお答えします。

■結婚式の流れ 〜 結納

結納とは、両家が親類になったことを確認し、祝うための儀式です。現代では、仲人を立てる人は減少しているため、特に仲人を立てる必要はなくなってきています。 最近は結納をしないケースも多くなって来ましたが、結納は両家の婚姻関係を結ぶためのものなので、結婚する二人だけの問題ではありません。両家の両親の意向を汲み取って決定しましょう。
服装、食事内容、費用の分担など、必ず事前に細かなことまでご家族に相談することが成功の秘訣です。どんな家庭でも環境は異なるので、両家の考え方が違ってもあたりまえ。これから長いおつきあいになる方々ですから、じっくり話し合って、双方納得のいく形で祝いの席を迎えましょう。
結納は地方によってしきたりが異なり大きく「関東式」と「関西式」に分類されます。小さいエリアで風習が違うこともありますので良く調べて実家の地方に合わせて結納を行いましょう。形式に縛られた儀式的な結納は嫌だけれど、けじめはつけたいという最近のカップル向けに、集合型(同時交換式)の略式結納を行うことが多くなりました。略式とはいっても、出身地方や両家の考え方で、方法は千差万別。ホテルや式場等の結納プランを上手に利用するのもよいでしょう。ホテルなどによっては結婚祝いのカタログなども独自の物があるので参考になります。

 

仲人への謝礼:15〜20万円:平均18万円

結納:50〜200万円 結納品:平均15万円

両家顔合わせ費用:平均6万円

 

■結納金

結納金は男性側から女性側へ送るもの。月収の3倍又はボーナス1回分が目安で、今ではその一部を指輪など婚約記念品に充てることも。女性側からは結納返しをします(婿入りの場合は逆)。結納返しの相場は結納金の1割程度ですが。関東などの一部の地域では結納金の半分の金額を返す「半返し」の習慣があります。但し、最近の結納金は 「嫁入りの支度金」の色彩強くなっています。又、結婚費用を二人で折半する場合には結納金を用意せず、その代わり記念品(指輪と時計)を交換する事もあります。

 

■結納品

結納品は基本的に両家が贈り合います。金包きんぽう・長熨斗ながのし・指輪の3品目も多く見られます。 女性側は男性側よりも品数を減らしたりランクを少し落として男性側を立てます。結納品は「関西式」のほうが多少高いです。リーズナブルな「略式結納」もあります。

 

■会場費

ホテルやレストランで結納を行う場合、会食費用と個室費用が掛かります。

 

■家族書/親族書奉書

紙に書く又は結納品セット内のものでもよい。 親族書は三親等(親/兄弟、姉妹/祖父母/叔父、叔母/甥、姪)まで血縁の濃い順に書く。

 

■仲人

かつては、お見合いでは「世話人」、結納では「使者」、挙式・披露宴では「媒酌人」として両家の間を取り持つ役を務めた仲人も、近年は挙式・披露宴当日のまとめ役として、媒酌人だけの「頼まれ仲人」が増えています。仲介人へのお礼は結納金の一割程度が妥当と思われます。両家別々でお礼をするときは必ず、両家同額にする事が大切です。