結婚相談所の比較、結婚式についてのあれこれ、結婚に関する疑問にお答えします。

■結婚式の流れ 〜 式場探し

結婚式場を探し始めます。二人の出身地が離れているときどちらか一方の郷里で式を挙げるのは避けたいところ。二人が対等な立場で誓いをする意味で、共通の思いが込められる土地で挙式できるのがベストです。
規模、グレードによりますが、一般的に予算が少なく、自分達で準備やプランなどにこだわりと手間がかけられる場合はレストランを。予算があって、細々とした手間がかけられない場合はホテルや結婚式場を選ぶようです。
結婚式場では、ブライダルフェアを利用して下見することがもできます。ブライダルフェアの内容は結婚式場によって異なりますが、試食会(約5,000〜10,000円・無料もあり)などを除いては基本予約不要・無料で、模擬挙式や婚礼料理の試食会、婚礼衣装の試着会などが行われ、その会場のセンスや得意分野が把握できるので便利です。
レストランの場合は、見落としがちなのが、挙式場・宴会場はもとより、着替室、控室等のスペースです。ゆとりがあるとゲストの満足度は高いので、下見の際、特にチェックしましょう。


挙式費用:全国平均20万円

>> 挙式スタイル

 

■教会式挙式

教会やホテル・式場のチャペルにてキリスト教の教義に則って、結婚を誓い指輪の交換をします。挙式には誰でも自由に参列して出来ます。街の教会で挙式を挙げたい場合は、事前に「結婚講座」に通うなど、教義について簡単に学ぶ必要があったり、信者でないとダメな教会もあります。それに対して、独立型チャペルにパーティ会場が 併設されたブライダルチャーチでは結婚講座も1回程度で教会挙式が可能になります。ホテル・式場併設のチャペルでは信者以外でも特に制限はありません。

 

■神前式挙式

神殿の前で三三九度の杯を交わし、玉串を捧げて結婚を誓います。正式には神社で行いますが、一般の式場では個室に簡易的な神棚を設けています。参列できるのは基本的に両家親族のみですが、ホテル・式場内の神社では全員が参列できる場合もあります。

 

■ 人前式挙式

挙式のやり方に式次第や決まった形式はありません。常日頃お世話になっている方々の前で、ふたりの決意を誓うという挙式です。参列者がふたりの結婚の証人となります。披露宴や披露パーティと一緒に行う場合が多いため移動の手間もかかりません。

 

挙式費用節約だけを考えると人前式が格安ですが、挙式のスタイルに影響して、披露宴の内容や招待人数、衣装の数が変わって来ますので総合的に考える必要があります。人前式の場合は披露宴と一緒にするとどうしてもメリハリが付きませんので演出を加える必要があり追加費用が掛かります。神前式は和装衣装費用に着付け費用、追加のヘアメイク代が掛かります。

check

msh株式会社の企業情報
http://www.jpnumber.com/numberinfo_03_3456_3325.html

最終更新日:2017/1/24